2005年08月28日

不甲斐ない自分に銃口を突きつけろ

明日は僕がレギュラーに上がって初めてのジョイントです。オープンキャンパス、彩霞祭と営業での演奏はやりましたがガチンコでジャズを聴きに、もしくは演りに来る連中の中でやった事はまだ無いので、明日が僕の実質的なレギュラー初舞台となります。そういった心構えで今日までの練習をやってきた訳ですが、結果まあ自分でびっくりするくらいやりたい事が出来なくて死のうかと思いました。山野で色んな大学のドラマーを見て一番思ったのが「全員俺よりうめえ」だったんですけど、そういう絶対的な技術不足を強く感じます。こればっかりは一朝一夕にどうにかなるもんではないと解っていますが、客観的な結果というのはどうあがいても明日出てしまうのでふざけてるなあと思います、世の中は。現実のぼけは空気を読めてないと思う。

まあ今更何を言ってもあとはやるしか無いのです。曲がりなりにも東洋大学グルービーサウンズジャズオーケストラのドラマーとしてやれるだけの事をやってきます。僕はやれる。大丈夫。明日朝起きたらバディ・リッチかなんかになってれば大丈夫。おやすみなさい。
posted by 大井 at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

僕はすぐ形で示して欲しいとごねる

僕はあらゆる現実から、時には酩酊する事でどうにかこうにか目を逸らし、なんとかその日その時をやり過ごしている。僕は僕の欲しいものが手に入らない現実に絶望を覚えている。僕はそんな僕の存在の醜さにほとほと疲れ果てている。それでも僕の存在は続き、君は君の道を君なりに歩んでいき、僕は勝手に僕の存在にうんざりしている。

辛い事、苦しい事、嫌な事、僕は今ひたすらにやり続けなければいかん。その先に何が待ち受けていようともそれが僕の選んだ道なのである。イエイ。などと言ってアルカホールをあおる僕は混濁した意識の中に居て、少しく涙。はは。涙。
posted by 大井 at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

サンキューミュージック

光陰矢のごとし、時は金なり、命短し恋せよ乙女、とはよく言ったもので、気がつけば前回の更新から既に半月もの時間が経っていた訳ですが、これは彩霞祭終了後から合宿を挟んで今日に至るまでほぼ毎日誰かが家に来たり誰かの家に行ったりと心の終電を逃しっぱなしになっていたからで、結果的に前回の続きを書く意欲が完全に消滅したのでもう書きません。今更どうでもいい。

夏合宿。ヤバめな問題もたくさん起きたし、僕個人の立場が変わったせいもあって去年感じた様な底抜けに楽しいばっかりの合宿とはちょっと違うものになった気がします。僕の苦手なめんどくさいしがらみみたいなものにも触れて、胸中複雑な思いもありました。あと酔っ払って女装して後にゲンナリしたりもした。先日、ジュニアコンマスの人に「お前の女装は見るに耐えなかったから死んだ方がいい」という意味の事を言われて、また少し人生を諦めました。さようなら、立派な大人。こんにちは、変態。

とかって色んな意味で残念な感じの体験もしましたが、ジュニアの演奏はよかったと思います。僕は。完成しきれなかった部分とかそれぞれの課題や問題点てのはもちろんあると思いますけど、それは次に繋げていければいい事です。皆が目標に向けて頑張って練習して本番精一杯やれたんならそれでいいと思う。皆音楽をやる事の喜びを知っているから、あるいはそれを知りたいからこういうサークルに入ってくるんだと思うし、練習とかではやっぱりそれだけじゃなくキツい事とかがあっても、本番みたいな最終的な場面ではそういう根本的な「音楽をやる」というポジティブな気持ちが必要っていうかそうじゃなかったら意味ねえんじゃねえかなとか思いました。

OBさんをまじえた演奏の時、ずっと勇平さんや高田さん達の演奏を見てましたが、ああいう確かな技術とそれを楽しむ遊び心、みたいなのが音楽としてとてもナイスな一つの形だよなと思った。そして僕達はわりとそういう方向に向けてやれている気がします。他の人がどう思うか知らんけど僕はオールオッケーだと思うよ。グッジョブ、皆。
posted by 大井 at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

僕達のMATSURI SESSION

彩夏祭出演者の皆さん、演奏を観に来てくれた皆さんお疲れ様でした。あのクソ暑い炎天下の下、5時間も6時間も放置プレイをかまされるのは正直、拷問としか言い様がありませんでしたが、花火は綺麗だったしトータルで見ればよき一日になったと思います。

僕はレギュラーの演奏がありましたが、とりあえずバックのよさこい軍団が爆音で訳のわかんないユーロビートみたいのをかけていたのがうるさすぎて大概にしろと思いました。ムーンライトセレナーデとか周りの人の音がよさこいの「せいや!」とかの爆音に圧倒的な音量差でかき消されてマジ何にも聞こえなくて引きました。祭りと言えども最低限の節度を守ったよさこいを次からは心がけて欲しい。大人として。社会人として。
あとテーマがほぼぶっつけ本番で初披露だったんですが、洒落にならないくらい緊張しました。C年の初舞台の時より緊張したかもしんない。ちょうしっぱいした。次はキメたいと思います。


しかし、僕にとっての本当の祭りは彩夏祭が終了してから始まったのでありました。つづく。
posted by 大井 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。