2006年01月22日

バンド

なんかふと思ったけど、ドラマがあるから人生って感動的なんだろうなって思った。
ていうのはまあ暮れのリサイタルの事なんだけど、僕なんかは去年ジュニバンやらせてもらったりして一年間バンドの選曲とか練習とか人間関係とかに深く関わってきて、表面的な部分でもそうでない部分でも上手くいってなかったり崩壊しちゃったりしたとこを見てきたわけで。僕個人でも悩んだり辛かったり練習キツかったり投げ出しかけたりしていて。そういうのをくぐり抜けて「本番」ていう舞台に立てただけで多分リサイタルは半分以上成功してたんだと思う。バンド全体のレベルの懸念とかがあったから本番でのC年の頑張りとかまとまりとかが嬉しかったし、ピースパイプの小西のソロも一年間間近で小西の苦悩を見てきたからあれだけ感動的だったんだと思う。もちろんそれはただの身内の色眼鏡ではなくて、実際に皆が本当に努力をしたからそうなったんです。

レギュラーに乗せてもらえた事でドラマーとしての僕は色んな物を得る事が出来たけれど、音楽の楽しさとかグルービーっていうバンド、サークルの良さとかっていうものはジュニアからたくさん教えてもらえた気がします。だからもうちょっとで僕の任期も終わってジュニアに乗れなくなっちゃうのが少し寂しい。

なんか今更リサイタルの話とかして懐古主義的な感じになりたくはないけど、最近人の動きとかも増えてきてる中、ちーちゃんのブログを読んでたらそんな事を思いました。このメンツでまた音楽をやりたい。それで山野1位とか取れたらそれこそドラマだよ。
posted by 大井 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

うじうじの日々

最近ドラムもろくにやらず勉強もろくにやらずバイトも半寝でレジを打ちながら何をやっているかというとあだち充の漫画をたくさん読んでいます。あだち充とてもよい。そして切ない。タッチ、ラフ、陽あたり良好ときてKATSU!も読了しました。こんだけワンパターンでよく作者も読者も飽きねえなとか思いますけど、王道を面白く描けるってとても凄い事だと僕は思う。僕も仮に文章で仕事が出来る様になったらこういう立派なプロとしての表現者になりたい。

こんな僕でも今人生の中でいくつか一生懸命やっている事があって、そのどれもあまり芳しい結果が得られてなくてそういう状況に耐えられないから酒などで手っ取り早く快楽を得て、幸福を補填する訳だけれども、結局それらは一時凌ぎのもんでしかなくて駄目だ。もう20を超えちまって悠長に助走こいてる心的余裕も無くなってきた。別にプロ作家とかプロドラマーとかプロボクサーとかそういうのになれなくっても、人としての何か立派さとか、例えば家庭を持ったら素敵でナイスなお父さん、いうなればプロのお父さんとかそういうので全然構わないのだけど。なんか何者かになりたい。ちくしょう。さっさと結実しろ。俺。
posted by 大井 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

もう今年もあと360日かあ…

あけおめ。
新年を迎えるのも20回を越すと今年の抱負とか言っても無意味な事が嫌でもわかってきます。1月1日だろうが5月5日だろうが7月7日だろうが本気で変わろうと思えばその日が自分の謹賀新年です。大事なのは新年じゃなくて信念。上手い事言った。よーし、今年は学校に行くぞー!(死んだ目で)
posted by 大井 at 03:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。