2006年03月26日

四月の風

ミクシィおもしれー、ミクシィ、ってやってたのでブログを更新しませんでしたというのは嘘で毎日太鼓をひっぱたいたりバイト先のコンビニが潰れたりSAKEを飲んだりするのに追われてどうでもいい文章を書くどころじゃありませんでした。で、今日もこれからあと5日で潰れるコンビニで10時間漫画を読み続ける仕事をしなくちゃならないので、それまでの暇つぶしにどうでもいい文章を書くことにしました。よろしくお願いします。

最近は春合宿というイベントがありました。グルービーという部活みたいなサークルで太鼓をひっぱたく係になってから早2年が過ぎましたが、一向にバディ・リッチみたくなりません。これはまことにもって由々しき事態で、当初の予定だと1年目で顔が外人化して、2年目で完全にバディ・リッチになって、3年目で寿命が来て、4年目でメモリアルコンサートが開催されるはずだったんですが、いまだにスネアとちーちゃんの腹ドラムの区別もつかないといった体たらくで大きく状況が変わってきてしまっています。モタモタしている内にもうイー年とかいう学年に僕もなる訳で、新デー年や新ツェー年の人達に「うわあ、イー年のくせに全然顔も外人みたくないしださいね」などと嘲笑されるかと思うと恐ろしくて眠れない日々が続きます。

あとこんな純正日本人の癖に僕はジュニアバンドのマスターなどという大役をやらせてもらっていた訳なんですが、とうとう春合宿でその立場もお役御免となりました。唯一自分に任されていた茶色の小瓶すら満足に演奏できず、とうとう「おはようございます」と「おつかれさまでした」を言うだけのあいさつマシーンと成り果てた僕でしたが、素晴らしいD年の方々の指導とC年の皆様一人ひとりの努力で素晴らしいバンドになり、発表の時はずっと「うわあ、かっこいいなあグルービーさんは」などと阿呆面下げて観ていました。でもあれ、改めてジュニアの合奏とかを見ててほんと皆びっくりするぐらい上手になってるなあと思って、びっくりするぐらいびっくりしました。すげえよ。1年間このバンドで一緒にやれてよかったなと思いました。楽しかっただけに終わっちゃうのが寂しいですが、なっちゃんと野原という素晴らしいバンコンを中心に皆仲良く協力して頑張っていってほしいと思います。きっとうまくいくと僕はおもうよ。
posted by 大井 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。